ヌクヌク横濱物語

第66話 ヌクヌクの新しい家族

“ワンワン!”「公園に人が集まっているヌク。」「行ってみようヌク!」
「こんにちは今日から4日間ワンちゃんの里親募集をしているんです。」「里親?」
「ではトライアル期間を経て、正式な譲渡契約になりますので。」「わかりました。」「なるほどヌク!」
「どの子も幸せになってほしいヌク。」“ワンワン!”“ワン!”
「あっ」
「あのワンコさんの周りには誰もいないヌク。」
「大型犬はなかなか里親が決まりにくくて...」「そうなんだヌク。」
「かわいそうヌク。それならぼくたちで...」「だめヌク!いっときの感情に流されちゃ。」
「あの子の一生をお世話する覚悟がないと、結局あの子を不幸にさせてしまうヌク。」「確かに。その通りヌク。」
翌日「今日もひとりぼっちヌク。」“ワイワイ”“ぽつーん”
翌日「今日も...」「他の子はどんどん家族が決まっているヌク。」“ぽつーん”
その日の夜「ZZZ...」
「あ!あの子ヌク!」「クンクン」
「何をしているヌク?」「キョロキョロ」
「何か探しているヌク?」
「うん!私の家族!」
「はっ!」
「どうしたヌク?」「あのワンコの夢を見たヌク。」「ぼくも見たヌク!」
「実はぼくもヌク。」「ということは...」「3人ともヌク!」
「さあ、今日からここが君の家ヌク。」
「一緒に新しい暮らしをたのし...」“ストン”
“ドカ ドカ”「いやっほ〜」“ドカ”
「まさに新しい暮らしが始まったヌク。」「これからどうなるヌク...」“ドカン”「いやっほ〜」“ガタン”おわり
ヌクヌク横濱物語 ホームへ