ヌクヌク横濱物語

第65話 ヌクヌクのキッチンカー

「やっと昼休み!ランチどうする?」“お母さんの味”「あら?あんな所にキッチンカー!」
「ヌクヌクキッチンカー!?」「いらっしゃいませヌク!」
“MENUお母さんの味弁当700円”「メニューは「お母さんの味」だけ?」「人気メニューだヌク!」「へえ〜」
「面白そうだからそれください!」「私も!」
「おまたせヌク!」「お客さんはこっちヌク。」「え?違うの?」
「ありがとうヌク!」「どんな中身かしら?」
「いただきます!」
パカッ
「え!」
「桜でんぶにほうれん草のおひたしとタコのウィンナー...」
「え、この卵焼きの味!」
「高校3年間お母さんが毎日作ってくれたお弁当と全く同じ味。」「ほら、お弁当!」「やば!遅刻する!」
「最近、全然連絡していなかったな...」「ぐすん」
「あ!そっちのお弁当は!?」「ぐすん...」
「ロ、ローストビーフサンドイッチ!?」
「学生時代、ママがよく作ってくれたの。」「うちのお弁当とかなり違う...」
「でもどちらのお弁当も忘れられないお母さんの味だね。」
「今夜お母さんに電話してみよっかな。」「私も次の連休は久しぶりに実家に顔だしてみるわ。」
“次の日”「もういないね、キッチンカー。」「次の場所でもたくさんの人に喜ばれているだろうね、お母さんの味弁当。」
「お母さんの味弁当、いかがヌク?」“モー”“モー”“モー”「場所選び思いっきり間違えたヌク。」おわり
ヌクヌク横濱物語 ホームへ