ヌクヌク横濱物語

第58話 ヌクヌクの初恋

「ぼ〜」
「最近、元気ないヌク。」「食欲がないヌク?」
「胸がドキドキするヌク。」「いつからヌク?」「え〜病院に行くヌク!」
「公園で彼女に出会った時からヌク。」「え!?」
「それって。」「恋ヌク...しかも初恋。」
みどり公園「会ってみたいヌク!」「どの子ヌク!」「すぐそこヌク♪」
「この子ヌク♡」「え!?」
「コンクリートの隙間から凛と咲く姿に心を奪われたヌク。」
「その日以来毎日会いにきてるヌク♪」「うんうん恋のパワーはすごいヌク!」
数日後「神奈川県に大雪警報が出ています。」「出かけてくるヌク!」「外は吹雪ヌク!」
ゴオー「ハアハア」
ゴオー
「・・・・・」
「大雪の日からずっと部屋から出てこないヌク。」「そっとしておこうヌク。」
「ヌクヌクさん。」
ガバッ「え!もしかして君は?」
「いつも優しく声をかけてくれてありがとう。」
「でも大雪から守ってあげられなかったヌク」「大丈夫。きっとまた会えるから。」
「え?また会えるヌク?」「いつかね。だから元気でいてね。」
「あっ待ってヌク!」
「はっ!夢だったヌク!?」
「うん。またいつか会えるヌク。」
数ヶ月後「だんだんと春めいてきたヌク。」
「お団子屋のおばあちゃんおはようヌク!」「今日もヌクヌクくんは元気じゃのう。」
「だって元気でいればいいことがあるヌク!」「いい事言うね。」
「ぱっ」おわり
ヌクヌク横濱物語 ホームへ