ヌクヌク横濱物語

第41話 ヌクヌクのお月見 PART2

「ワイワイ」「お団子屋さんにすごい行列だヌク!」「今日はお月見だからヌク。」
「ん!」
「行列は、隣にできたタピオカのお店だヌク!」
カシャカシャ!「みんな、写真を撮るのに夢中だヌク。」
「それに比べておばあちゃんのお店は...」ガラーン「あら、ヌクヌクくん。」
「お隣にお客さんを取られているヌク。」「呑気にお団子作っている場合じゃないヌク。」「はい、はい。」
「おばあちゃん心配ないよ。」
「あ、月のウサギさんヌク!」「よっ、久しぶり!」
「ここをばえるお店にすればいいんだよ。」「ばえる?何が生えてくるんじゃ?」
「生えるじゃなくて、「インスタ映え」という意味だよ。」「インスタント?ますますわからん。」
「例えばカラフルなお団子にするとか。」「私の団子に派手な見た目はいらんよ。」
「40年間変わらないこの味がいいんじゃよ。」
「あの〜」
「さっきからずっとお団子作っている姿を見ていたのですが、すごい技ですね。」「1本ください♪」
「おいしい!」「懐かしい味だわ。」
「おばあちゃん、あと5本ください。」「おいしそう!」「私も!」「はい、はい。」
「流行に流されずひとつひとつ丁寧に作ってきた味だヌク。」「40年続く理由がわかったヌク。」「よし!ボクも今晩お餅つきを頑張るよ!」
その日の夜
「ウサギさんお餅つき、張り切っているヌク!」「今頃、おばあちゃんも喜んでいるヌク。」
「グーグー」おわり
ヌクヌク横濱物語 ホームへ